不動産売却ならエレベーターあり、不動産投資ならエレベーターなしがいい場合も・・。

不動産投資 エレベーターなしエレベーター

あさみです。
2日ほど、間が空いてしまいました。

連休中、やらなくてはいけないことがありバタバタしていましたが、なんとなく今週末の選挙盛り上がっていないですね。

根源は、野党が日本のことを考えていない、選挙が仕事、反自民が党是ということが、バレてきているからですかね。

そんなことはいいとして、今回は、エレベーターの話。

エレベーターの歴史

エレベーターのことを少し調べてみました。

ウキペディア調べで、1889年に電動機式のエレベーターの開発されたとのことです。

意外と歴史は長いですね。
付け加えるとそれ以前は、
19世紀初頭には、水圧を利用したエレベーターがヨーロッパに登場。
1835年に蒸気機関を動力として利用したものが現れた。
動力式エレベータは最初にイングランドで導入され、1840年代にはアメリカの工場やホテルでも導入が広がった。
とのことです。

まぁ、そんなことはいいとして、そのエレベーターですが、
私的には欠かせないエレベーターですが、実際に住む場合、賃貸運用する場合で考え方を変える必要があるとも思っています。

エレベーターのないマンション

今回は、不動産売却ならエレベーターあり、不動産投資ならエレベーターなしがいい場合も・・。

というタイトルなのですが、

基本的にエレベーターないマンションは資産価値がないといえます。

よって、中古マンション売却において、エレベーターのないマンションは評価が下がります。

毎日、エレベーターなしのマンションでの生活は厳しいでしょう。

さらに新築マンションでエレベーターがないマンションはありませんから、エレベーターがないマンションはかなり古い物件と言えるでしょう。

では、不動産投資としてエレベーターなしの考え方は何を意味しているのか?

一棟投資 エレベーターなし

エレベーターなしの不動産投資

最近のマンションは低層階のマンションでもエレベーターがあります。

マンション価値としてエレベーターの必要性は重要ですから、それに逆らうことはできませんが、
エレベーターがあるということは、そこに管理費・メンテナンス料が発生します。

これを投資として考えたとき、どこのよう落とし込めばいいのか?

マンション一棟、アパート投資

一棟マンション、一棟アパート投資がそれです。

一棟投資は、空室率なども重要ですが、設備をどこまでそろえるか?
ここのポイントです。

エレベーターがあれば、その分、費用がかかります。
家賃にエレベーター管理費などを入れることはできませんので、結果的に実質利回りが下がります。

2階建ての建物の場合、エレベーターの必要がどこまであるか?
嫌う人もいるでしょう。
でも、そんな人をターゲットにする必要はありません。

エレベーターがないことで空室率が低くなるのであれば、積極的にエレベーターをつければいいですが、実際にはそこまで変わりません。

これが5階建てのマンションとなれば、完全にマイナス要素になりますが、2階建てであれば”なし”の物件で十分です。

これは、今回の

  • 不動産売却ならエレベーターあり!
  • 不動産投資ならエレベーターなし!

の理由です。

不動産 エレベーターなし

一棟マンション投資はレベルが高い投資だと思われています。

購入資金も都心であれば億超えですし、手の出しにくい投資ともいえるでしょう。

しかし、利回りをしっかり受けやすくし、事業化もしやすい投資になります。

今まで、マンション投資を中心に紹介しているので
次回は、一棟投資を考えたいと思います。

サラリーマンのマンション投資の考え方:一棟アパート・ファミリー・ワンルーム
サラリーマンのマンション投資 サラリーマンの不動産投資がこのところ人気です。 老後の年金がいつから・いくらもらえるのか? 微妙な現状を考えると、今のうちに収益物件を保有し、家賃収入を得る・確保したいという思考になるのもわかります。...

あさみ

タイトルとURLをコピーしました