マンション売却の理由:理由は様々・売り方も様々

マンション売却 理由中古マンション売却

【今日のプレゼント情報】

不動産投資の資料請求・セミナー参加でクオカードやAmazonギフトがもらえるサイトを紹介します。
特にグランド1コーポレーションは資料請求だけでもらえるので、不動産投資が少しでも気になる人にはおすすめです!

  • 《リノシー》
    今だけAmazonギフト10,000円プレゼント
    >>詳細はこちら

中古マンション売却の理由

こんにちは、あさみです。

中古マンションを売却する理由は様々です。

  • 今地価が上昇しているから譲渡益を得たい
  • 転勤や出向で引っ越しが確実となった
  • 買い替えたい
  • 子供が増えて広い家に引っ越す
  • 子供の学校のために通いやすい場所への引っ越し
  • 子供が成人し家を出たのでコンパクトなマンションを購入
  • 特別養護老人ホームへの入居のため
  • 親族に売却のため
  • 相続で不動産・マンションを売却
  • 住宅ローンが支払えず、やむを得ず売却
  • 離婚で財産分与のため

などなど、売却理由は人様々です。

ただ、同じ売却であっても状況・売却理由が違うと、売却方法が変わります。

離婚による中古マンション売却:財産分与を考える
こんにちは、あさみです。 中古マンション売却理由はいろいろあります。 地価向上を期にキャピタルゲインを得るために売る人 転勤による引っ越しのために売る人 借金の返済、住宅ローンが払えなくて売却する人 など、人...
小学校・中学校を考えたマンション売却:学区内への引越しについて
こんにちは、あさみです。 結婚して、子供が出来て、子供の教育を考えて・・・。 自然な流れだと思います。 結婚して最初に住む新居は、お二人の仕事の関係、通勤に便利なところに持つことが多いですが、 子供が出来ると、 ...

マンション売却の理由と売り方

中古物件に限らず、不動産を売却する場合、
少しでも高く売却したい、少しでも早く現金化したい、住宅ローンを払いたいなど、誰もが思うものです。

しかし、誰もが最高の売却ができるわけではありません。

その理由は状況によって個人個人の判断が変わるからです。

早く売りたい

例えば、

  • 住宅ローンの返済が厳しくなった場合
  • 転勤や出向で引っ越しが確実となった

など、少しでも早く売却したいとなった場合、流暢に売却を進めることができません。

早く売りたいから売値を強きに出来ませんし、
お問い合わせなどの反応を見て、販売価格を変更しながら、スケジュールに合わせて売却していかなくてはなりません。

時間的な余裕がなくなれば、大きく値下げして売買を締結しなくてはならないかもしれません。

転勤による中古マンション査定の考え方:売却と賃貸の判断
中古マンション売却 転勤 こんにちは、あさみです。 マンション売却の理由は人それぞれ違います。 今地価が上昇しているから譲渡益を得たい 転勤や出向で引っ越しが確実となった 買い替えたい 子供が増えて広い家...

高く売りたい

  • 売却益を得たい
  • 買い替えたい

などの場合は、多少時間をかけて少しでも高く売却したいものです。

高く売るといっても、相場を著しく超える金額では、お問い合わせも内覧も望めないため、ムチャはできませんが、高く売るために室内のリフォームやクリーニングなどを施すなど、また、ホームステージングなどを活用しながら、高額売却を狙うわけです。

理由に関わらずマンション売却の基本

不動産売却は、ある意味、出会い・運みたいなものです。

買い主との出会いは偶然の物であったりします。

マンションを購入したいと思う人は、1年中いますが、その人が今欲しいか?と言えばみんながみんなそうではありません。

売却のタイミングと購入したいと思うタイミングの一致が、売買契約締結となるわけですから、売却理由に関係なくその瞬間にマンションを購入したいと思う人達に情報を届けることはポイントとなります。

  • 不動産業者専門の情報共有システムでもあるレインズの登録
  • スーモやアットホーム・Yahoo不動産などのポータルサイト

などの登録は基本中の基本です。

一昔前は、不動産を購入しようと思ったら、

  • 近所の不動産屋に相談に行く
  • 新聞の折り込みチラシを見て問い合わせる

ことが基本でした。

しかし、現状は、90%がネットからのお問い合わせです。

気になる物件をスマホやホームページで探し、その物件を問い合わせる・・。
一般的な流れです。

不動産会社選び

そんな一般的なネットへの掲載ですが、不動産会社選びを失敗すると痛い目に合います。

ネットへの掲載は、無料ではありません。
売主がお金を出す必要がなく、不動産会社が実費で広告掲載を行うのですが、小さな不動産会社は、その広告費用をケチります。

よって、スーモには掲載されているけど、アットホームには載っていないということが多々あります。

  • SUUMO
  • LIFULL HOME’S
  • アットホーム
  • いい部屋ネット
  • センチュリー21
  • CHINTAI
  • ホームメイト
  • Yahoo!不動産
  • スマイティ

など、挙げればきりがないですし、賃貸サイトも含めればまだまだあります。

すべてのサイトに掲載する必要はありませんが、少ないのは問題です。

広告費用に制限の少ない大手不動産なら、その辺の問題は解決できるでしょう。

判断と決断

中古マンションを売却する際、

  • 販売価格の見直し
  • 値引き交渉の決断

は、売主の大きな意思決定となります。

価格変更

特に、販売価格の変更においては、1ヵ月に1回は行うことをおすすめします。

仮に10万円でも値下げで、広告先のサイトによっては、価格変更物件として露出が高まります。

また、お問い合わせのない物件に関しては、価格による訴求が弱い可能性が高いため、変更で反応を確認も可能です。

1ヵ月経つのは意外と早いので、判断を早くで早く売ることが可能となります。

よって、価格変更を見越した初回の価格設定がポイントとなるのです。

値引き交渉

値引き交渉も何が何でも強気にいけばいいというものではありません。

弱気になる必要はありませんが、相手あっての売買です。

売却したい金額と購入したい金額の差を上手に埋めていくのが値引き交渉です。

値引きのテクニックは後日紹介したいと思いますが、落としどころを見極め、その数字を意識しながら交渉が基本です。

中古マンション売却の理由;まとめ

売却理由は、買主への購入意思を増幅される要因にもなります。

  • 転勤が決まっている2ヵ月以内に売却を終わらせたい。
    だから今、この売買価格に設定しています。
  • 買い替え(先行売却)なので、早めに売却をしたい。
    なので、価格変更を行い、内見の件数が増えています。

など、販売価格と売却理由をセットにで、たいしたことないと思われるかもしれませんが、申し込みをもらいやすいのもしっておくといいでしょう。

大手不動産に査定サイトはコチラ

あさみ

タイトルとURLをコピーしました