築年数が経っている築30年・築40年の中古マンション売却を考える

マンション売却 築年数中古マンション売却

こんにちは、あさみです。

新築マンションも住み始めた瞬間に中古マンションになり、

  • 5年経てば築5年の中古築浅マンション
  • 10年経てば築10年の大規模修繕工事直前の中古マンション
  • 20年経てば築20年の中古マンション
  • 30年経てば築30年、管理の差が出る中古マンション

今日は、
築年数が経っている築30年・築40年の中古マンション売却を考えてみたいと思います。

【今日のプレゼント情報】

不動産投資の資料請求・セミナー参加でクオカードやAmazonギフトがもらえるサイトを紹介します。
特にグランド1コーポレーションは資料請求だけでもらえるので、不動産投資が少しでも気になる人にはおすすめです!

  • 《リノシー》
    今だけAmazonギフト10,000円プレゼント
    >>詳細はこちら

築年数が経っている中古マンション売却

  • 古いマンションは売れるか?
  • 古い中古マンションは売却可能か?
  • 築年数によって、売却のハードルが上がるか?

結論を言うと、上がると言えば上がります。

でも、それを打破する方法はたくさんありますし、高額売却する方法もあります。

イメージを打破

中古マンション売却のポイントの1つはギャップです。

  • 思ったけど古さを感じなかった
  • 最新の設備だから築年数を感じない
  • 部屋がキレイだから、築30年でこの値段なら逆に嬉しい

築年数が古いということは販売価格も新築マンションに比べ大きく下がります。

新築相場が5000万円であれば、
築30年の中古マンションであれば、2000万円代でしょう。

購入する人からすれば、
築30年のマンションをターゲットにする人は少ないでしょうが、

  • 小学校の学区内に6年間住みたい
  • 転勤でこのエリアに住まないといけない

一時的に居住したいと考える人や金額面でハードルがある人は、築30年の物件もターゲットになります。

では、その具体的な方法、リフォーム・ホームステージングを紹介しましょう。

マンション売却 築30年

リフォーム

築30年・40年のマンションの構造を変えることはできません。

厳密言えば、
1981年6月1日以前が旧耐震基準なのでイメージがまた変わりますが、
1981年6月1日以降であれば、新耐震基準なのでマンションが地震によって即壊れるという心配はありません。

構造のことは別の機会に紹介するとして、
構造自体は変えられませんが、室内のイメージを変えることはいくらでもあります。

  • 古民家カフェ
  • 古い家をリフォームして宿泊施設

など、古いものをリノベーションすることは当たり前になっています。

マンションであっても、リフォームで再生することは容易です。

キッチン、トイレ、洗面台、お風呂、壁紙この5カ所を300万円かけてリフォームしてみませんか?

これだけのリフォームをするだけで、お客様の反応は良くなります。

さらに言えば、

  • 新築マンションが5000円
  • 築30年のマンションが2500万円

の相場のエリアを過程した場合、
300万円かけてリフォームすることで、2500万円+300万円=2800万円、以上の金額でも売れるでしょう。

室内のイメージが一新されることで、付加価値を生みます。

タウンライフリフォームのサイトを活用すると
複数のリフォーム会社から見積もりを取ることで最安値を確認できます。
>>詳細はこちら

*お問い合わせ頂ければ、都内であれば知り合いの工務店紹介します。

中古マンション売却 築30年

ホームステージング

以前、無料でホームステージングを紹介しました。

リフォームは経費になるとはいえお金がかかります。

何百万円もお金が払えないということであれば、壁紙だけ張替えあとはホームステージングという選択もあります。

プロのコーディネーターが、家具・ソファなどを室内に配置しモデルルームのようにあしらってくれるわけですから、否が応でも部屋のイメージが良くなります。

築30年というマイナスイメージの払しょくになります。

無料ホームステージング、中古マンションを高く売却する方法
こんにちは、あさみです。 中古マンション売却を成功させる方法はいろいろありますが、 究極の答えは、売主を満足させることです。 100%満足させることは難しいですし、実際に100%満足して購入している買主はいませんが、極論は...

築30年の中古マンション売却:まとめ

古いマンションでも需要があります。

今後、老後の生活費を考えた時、家賃が発生しないマンション購入は1つの選択肢となるでしょう。

お金持ちは、新築や築浅のマンションを購入するでしょう。

見栄えを気にするでしょう。

しかし、賢い人は築年数の古いマンションを安く購入し、リフォームをしたほうが断然お得です。

その考え方は今はマイナーかもしれませんが、建て替えが難しいマンションだからこそ、その考えは今後増えていくでしょう。

その先取りが、イメージのギャップを生み、高値で築年数の経ったマンションを売るスタイルです。

そこで、”すまいvalue”を紹介します。

すまいvalueは、大手不動産会社に一括査定できるサービスです。

  • 三菱地所ハウスネット
  • 三井のリハウス
  • 野村の仲介
  • 東急リバブル
  • 住友不動産販売
  • 小田急不動産株式会社

日本の中でも超大手の不動産会社に1回の登録で査定依頼ができるため、非常に使いやすく、便利なサイトです。

ただ、

Q:大手で大丈夫?

A:中小の方がフットワークが軽く親身になってくれるとイメージもあると思います。
ただ、それは会社ではなく人の問題で大手だろうと中小だろうと同じです。
それ以上に、安心感や広告予算を考えると大手を無視することはできないでしょう。

Q:登録は面倒じゃないの?

 

A:登録は住所、マンション名、間取りの登録と査定する会社を選ぶだけでなので簡単です。
間取りなど平米数が分からない場合でも不動産会社が調べて算出してくれるので、大まかな数字で大丈夫です。

Q:しつこい営業が来るの?

 

A:査定は、実際に会うことなく、机上査定が可能です。
メールでのやり取りも可能なので相場だけを確認したいという人にもおすすめです。

今住んでいるマンション・不動産の価値を知るだけでなく、

  • 近隣のマンションの売買実績
  • 同じマンション内で売買状況

を確認できるので、
すまいvalueぜひ利用してみましょう。

>>公式サイトはこちら

あさみ

タイトルとURLをコピーしました