マンション買い替えは先行購入の方がいいかも?住む家にこだわりたい!

マンション買い替え 先行購入マンション買い替え

あさみです。

以前、マンション買い替えの先行売却を紹介しました。

先行売却は、先に今住んでいるマンションを売却し、その後、新しくマンションを購入というものです。

売却価格・売却益が確定し住宅ローンの返済など、お金の部分で計画的に売却と購入がおこなえるメリットがあります。

マンション買い替えは先行売却の方が安心:先に売却することで資金管理が楽
こんにちは、あさみです。 マンションを買い替えるとき、悩むのが 先に中古マンション売却を行ってから新しくマンションを購入するか? 先にマンションを購入してからマンションを売るか? だと思います。 各...

今回は、先行売却の逆の先行購入を紹介したいと思います。

【今日のプレゼント情報】

不動産投資の資料請求・セミナー参加でクオカードやAmazonギフトがもらえるサイトを紹介します。
特にグランド1コーポレーションは資料請求だけでもらえるので、不動産投資が少しでも気になる人にはおすすめです!

  • 《リノシー》
    今だけAmazonギフト10,000円プレゼント
    >>詳細はこちら

マンション買い替え 先行購入

先行購入は先行の逆で、
先にマンションを購入し、その後にマンションを売却するという流れのものです。

実際的には、お金の心配がない先行売却が行われますが、私的には先行購入もありだと思っています。

資産価値

持ち家を持つということは、資産を持つわけですから、
購入するにも売却するにも、資産価値を最大化する必要があります。

その意味で、

  • ターゲットを絞り物件を選び、マンションを購入。
  • 満足のいく価格で売却。

これが先行購入の特徴です。

気に入った物件との出会いは偶然です。

いつ出るか分かりません。

自分の希望に合った物件であり、資産価値の高い物件の購入を見逃す手はありません。

新築マンションの購入の場合は、先に契約が必要ですので同じです。

購入後の売却活動も、買い替えの融資(買替えつなぎ融資)を活用で急ぐ必要はありません。

売却の考え方

買い替えの先行購入による売却を考えたとき、買替えのつなぎ融資を前提に進めるといいと思います。

もちろん、新しいマンションの引渡し前に、売却が終わればスムーズに資金移動できます。

しかし、その時間に縛られ、焦って売却するのはよくありません。

新しいマンションの引渡し前でのマンション売却は、居住中の売却になります。

新しいマンションに引越し後のマンション売却は、空室での売却です。

空室となれば、高く売却するテクニックがいろいろ使えます。

ホームステージングもそうですし、リフォームをするのもいいでしょう。

バリエーションが増えることで高く売却が可能となります。

無料ホームステージング、中古マンションを高く売却する方法
こんにちは、あさみです。 中古マンション売却を成功させる方法はいろいろありますが、 究極の答えは、売主を満足させることです。 100%満足させることは難しいですし、実際に100%満足して購入している買主はいませんが、極論は...

マンション買い替え 先行購入の注意点

先行購入で一番の失敗は、
マンションを高値掴みし、マンションを安く叩かれて売ることです。

そこで、いくつか注意しなくてはいけない点があります。

購入は少しでも安く

いい物件を安く購入するためには、まずは情報収集です。

不動産屋と蜜に付き合い、また、とことん値引き交渉を行うことです。

安く購入するテクニックは以前紹介しているので参考ください。

究極の中古マンション購入法:賢く仲介手数料を安くするには?
中古マンション購入 手数料 マンショントーク代表:”あさみ”です。 中古マンションを購入する場合、 少しでもいい物件を購入したい 少しでも安く中古マンションを購入したい 少しでも手数料を安くしたい 少しで...

少しでも高く売る

購入を少しでも安く購入で、売却に余裕が出ます。

売却においては、早く・高くが基本ですので、相場の確認は必須です。

相場を知り、落としどころを確認した上で、高値売却を狙いながらこまめに価格変更していきます。

価格変更のテクニックも参考ください。

マンション売却の時間・期間設定:いつまでに売るか・引き渡しを完了するか
こんばんは!マンショントーク:あさみです 中古マンション売却 期間 中古マンション売却において、重要はなことはたくさんあります。 不動産会社選びや販売価格などは普通に考えて納得できると思います。 不動産会社選びを失...

リスクは無視できない

売却は、右から左へ簡単に動かせるものではありません。

よって、リスク管理も必要です。

その1つが、売却がうまくいかなかったときのリスク管理です。

そこで、事前に確認するのが、買取査定です。

仲介による売却の査定とは別に、不動産屋に直接買い取ってもらう場合の買取価格を確認しておくことです。

仲介の場合は、買主が内覧し売買契約・ローンの審査・申込・引渡しという流れですが、
買取の場合は、直接、買取額で買い取ってくれます。
期間も1週間程度とスピーディなので、いざという時のための押さえです。

いえカツのホームページで、買取査定と仲介の査定、両方を確認ができます。

>>公式サイトはこちら

マンション買い替え 先行購入:体験談

新築マンション購入で買い替えを行ったAさん
マンションが手狭になり、買い替えを検討し始めたのが、2016年年末。

そんな矢先、新築マンションの売り出しの情報を見つけ、モデルルームに内覧に行きました。

竣工・引渡しは1年半後。

資金的には、今のマンションを売却し2000万円程度の住宅ローンの融資を受けるイメージでした。

1年半後に引渡しということで、不動産屋と相談し半年前(2017年10月)から売却を検討。

ちょうど不動産相場を上昇傾向にあり、当初予定したより、10%くらいアップで売却をはじめ、3ヵ月後に申込が入り、予定通り新築マンションの引渡しのタイミングで家の売却もすみました。

タイトルとURLをコピーしました